山門拝観

 


山門(三門)はお寺の門のことです。
お寺の門には総門というのがありますが、これは入り口を示す門のことで、お寺の主もたる門は山門です。山門を入ることは、お寺の聖域(浄界)に入ることで身も心も浄くして仏道に入るという覚悟がなくてはなりません。山門にはそういう重みがあるのです。

現在の山門は弘化4年(1847)に造られたものです。間口約16m、奥行約7m、高さ約20mで鎌倉の寺院の門では最大の格式を備えた山門です。
五間三戸二階二重門(ごけんさんこにかいにじゅうもん)といわれる門で一階が和風、二階が中国風に造られています。禅宗の五山形式が浄土宗に取り入れられたものです。

 五間三戸とは、正面からみて柱より5つに間仕切りされていて、中央の3つの間にはそれぞれ両開きの大板戸がありそれが入り口になっているものです。

柱は全部丸柱で上と下が丸まっています。これを粽(ちまき)柱といいます。後面中央の二本の柱は通し柱です。また一階も二階も柱の位置が同じ場所になっていて組み合わせに工夫がほどこされ二階建ての構造を強化しています。

一階は直線的で装飾性が比較的少ないのに対して二階は広がりをもち装飾性に富んでいます。板の張り方も一階と二階とでは異なっていて、江戸時代末期の特徴を良く表した山門です。

二階の中央に掲げてある『天照山』の額は永享8年(1436)後花園天皇より賜った額です。

山門三尊四天王(web)
二階には釈迦三尊、四天王、十六羅漢が祀られています。
なお二階からの由比ガ浜、江ノ島、富士山の眺めはすばらしく、彼岸の中日には西方極楽浄土をさながら見る思いがします。

山門拝観について
当山の山門拝観を希望される場合、内容を検討の上返答させていただきます。

拝観冥加料 お一人様500円(拝観は20名様以上とさせて頂きます。)
拝観時間 10時から16時までとし、1団体1時間以内です。
(ただし、当寺の都合により拝観できない場合がございます。電話にてお問い合わせください。)

山門拝観” への1件のコメント
1 Ping/トラックバック のために "山門拝観"